fc2ブログ
01 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.» 03

HaswellでXPを

とりあえず暫定公開

 

6.デュアルブートの項目名の変更 

ここまでで無事XPのインストールと8.1のインストールが完了しました。
電源を入れてみるとこんな感じの画面が出ているはずです。


その他のWindows

おお!デュアルブートできます!
ただこれだとXPが「以前のバージョンのWindows」となっていて悲しいです。

こちらを参考に表示を直していきます。
マイナビニュース~インストールから設定・活用まで~ すべてが分かるWindows 8大百科

1 .Windows8.1を起動させ、コマンドプロンプトを起動します。

8.1の場合画面左下にスタートボタンがあるので、スタートボタンの上で右クリック→「コマンドプロンプト(管理者)」を選択すると管理者権限でコマンドプロンプトを起動できます。
管理者権限で起動させたら「bcdedit /v」と入力して実行。

コマンドプロンプト

2. XPに割り当てられているIDを確認できます。「Windows レガシ OS ローダー」セクションの「identifier」に記述されている「{466f5a88-0af2-4f76-9038-095b170dc21c}」がIDです。


3. 書き換えます。

「bcdedit /set {466f5a88-0af2-4f76-9038-095b170dc21c} description "Windows XP"」と入力して実行します。

これで書き換え完了です。起動画面を確認してみると…

XPになってるよ!


なんということでしょう!
無事8.1とXPのデュアルブートができるようになっています!

おめでとう!ありがとう!

スポンサーサイト



Category: Windows8.1

Thread: Windows

Janre: コンピュータ

tb -- : cm --